スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://yumekana2009.blog79.fc2.com/tb.php/12-71d6be18

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

癒しは本当に必要か

「普通がいい」という病という本を読んでいて、当書の中に横尾忠則氏の本の引用がありました

内容は”癒しとは生ぬるい風呂につかっているようだ、今のまま気持ちよく留めようとする、どこにも自立がない”(私による意訳です)こんな感じのことが書かれていました。

この文章を読んで凄く衝撃を受け、ハッキリわかったんですね、

今の自分に必要なのは”癒しではない”ということが

だって、自分はこの場にとどまりたくなくって、もがいているんですから。。。

癒しという言葉を聴くと、なんだか穏やかな、ゆったりとした気分になれるかな、なんて思って、本や、グッズに手を出してみたりしていましたが、一瞬穏やかな気持ちになっても、結局その場にい続けるのなら、場当たり的で本当に癒されることなんてないんだと思えたのです

自分の中で癒しを求めるという行為は、辛い道を避け、簡単に楽になる方法を探そうとしてたんだなと思わされた文章でした。

思いっきり努力して、疲れたらゆったりとした時間をとる、そんなことが今の自分に必要な癒しなのかも知れません。

あくまでも自分の中で、であって全ての人がそういったものであるなんて意味ではありません。念のため

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://yumekana2009.blog79.fc2.com/tb.php/12-71d6be18

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

自分の取説 アップグレード版

スポンサードリンク

検索フォーム

最新トラックバック

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。